イノベーション・ジャパン2018 —大学見本市&ビジネスマッチングに出展しました

2018年9月10日

 平成30830日(木)~831日(金)に,大学等の技術シーズ(研究成果)と産業界のニーズの出会い(マッチング)を目的とした国内最大級の産学マッチングイベント「イノベーション・ジャパン2018 ~大学見本市&ビジネスマッチング~」が東京ビッグサイトで開催されました。
 15回目となる今回は、超スマート社会,情報通信, 環境保全・浄化,ライフサイエンス,低炭素・エネルギー,医療,マテリアル・リサイクル,装置・デバイス,シニアライフ(高齢社会),ナノテクノロジー,防災 の11分野について,大学・公的研究機関から400件を超える最先端研究の成果が展示発表され,2万人以上の企業関係者が来場しました。 
 島根大学からは,医学部整形外科の今出真司助教と地域未来協創本部 地域医学共同研究部門の中村守彦教授が出展しました。 
 今出助教は「迅速性かつ易操作性に優れた手術中使用特化型骨部材3D形成装置」を展示発表しました。中村教授が展示発表した「食の概念を変え食事制限の悩みを一発解決する無限レシピシステム」は、在宅での制限食をICTを活用して栄養管理をし、理想献立を日々提案できるシステムで、特許申請済みです。開発に携わった産学官の関係者が,各々の展示ブースに訪れた多くの来場者に説明・対応しました。 
 本件に関しては,地域未来協創本部にお問い合わせください。

【問合先】島根大学地域未来協創本部 地域医学共同研究部門
     TEL 0853-20-2912  E -mail:cmrc@med.shimane-u.ac.jp


展示説明(骨部材3D形成装置) 整形外科出展ブース前にて産学官の関係者で記念撮影(左から4人目今出助教)
展示説明(骨部材3D形成装置) 整形外科出展ブース前にて産学官の関係者で記念撮影(左から4人目今出助教)
地域未来協創本部の出展ブース 展示説明(無限レシピシステム)
地域未来協創本部の出展ブース  展示説明(無限レシピシステム)
地域未来協創本部出展ブース前にて  

 地域未来協創本部出展ブース前にて
(左から出雲市商工振興課三加茂主事 
地域未来協創本部中村教授
地域未来協創本部山崎事務補佐員)

 

 

 

  • 本部長挨拶
  • 本部の紹介
  • 体制図
  • 地域人材育成部門(松江・西川津町)
  • 産学連携部門(松江・北稜町)
  • 知的財産創活部門(松江・北稜町)
  • 地域医学共同研究部門(出雲・塩冶町)