DSC_8700.jpg

地域未来協創本部長 秋重幸邦

島根大学では、本年4月に、既設の産学連携センターと地域未来戦略センターを廃止・統合して、地域未来協創本部を新設しました。大学における地域の窓口を一元化し、全学が一体となって地域との取組を進めることで、地域活性の中核としての機能を充実させ、地域に貢献できる大学を目指します。本部には、地域人材育成部門、産学連携部門、知的財産総括部門、地域医学共同研究部門の4つの部門を置きます。各部門が学部・研究科や機構等と連携しながら、全学的に地域貢献の活動を推進することで、地域産業の振興やイノベーションの創出、地域を担う人材の育成を行っていきます。


特色ある取組として、島大・地域ジョイント事業「じげおこしプロジェクト」を実施します。「じげ」とは「地元」という意味で、日本各地で古くから使われている方言です。このプロジェクトでは、島根大学と包括連携協定を結んでいる市町村に、理事・副学長・学部長などの大学幹部が担当となり、年に数回要望等を聞き、プロジェクトの進捗状況等を報告に伺います。各地域が抱える地域課題(ニーズ)の解決に資するような大学のシーズを、見出し強化することで、地域社会の振興及び本学の教育・研究の活性化を図ることを目的としています。それぞれの市町村の抱える課題は異なっていると思います。「1じげ1プロジェクト」と、それぞれに面白い特色のある取り組みができることを願っています。

  • 本部長挨拶
  • 本部の紹介
  • 体制図
  • 地域人材育成部門(松江・西川津町)
  • 産学連携部門(松江・北稜町)
  • 知的財産創活部門(松江・北稜町)
  • 地域医学共同研究部門(出雲・塩冶町)