地域未来協創本部は,全学的な地域との連携を積極的に進めるための組織として,また,地域との組織対組織の連携を図る大学本部における明確な窓口として位置付け,地域との連携をさらに積極的かつ実効性を高く進めることを目的に,地域未来戦略センター及び研究・学術情報機構産学連携センターを再編して平成30年4月1日に設置した組織です。
 これに先立ち,平成29年12月から,「島大・地域ジョイント事業-じげおこしプロジェクト(市町村の思いをかなえる大学の連携)-」を立上げ,包括的連携協定を締結している市町村担当者を定め,担当者が各市町村を訪問して要望等を聞き,ニーズの掘り起こし及び相談に対応しています。
 また,地域未来協創本部では,島根魅力教育を推進することで島根県の魅力の発信強化や,シーズの強化,ニーズの掘り起こしを図り,産学官連携を推進することで地域産業の振興やベンチャー設立の推進,地域の中小企業の若手・中堅社員の学び直し・スキルアップを支援することで地域企業の競争力強化への貢献,インターンシップを充実することによる県内就職の促進を図るとともに,既存の「地(知)の拠点整備事業(COC)」,「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」の各事業も継承して一元的に実施し,学生の地域定着のための施策を推進します。
 「人ともに 地域とともに 島根大学」をキャッチフレーズに,島根大学憲章の「地域に根ざし,地域社会から世界に発信する個性輝く大学を目指し,学生が育ち,学生とともに育つ大学づくり」を行います。

about.jpg

  • 本部長挨拶
  • 本部の紹介
  • 体制図
  • 地域人材育成部門(松江・西川津町)
  • 産学連携部門(松江・北稜町)
  • 知的財産創活部門(松江・北稜町)
  • 地域医学共同研究部門(出雲・塩冶町)